特訓から学ぶこと

こんにちは!担任助手の田成です。

 

暑い日が連日続いていますね.....

 

外にいるとほんとに溶けてしまうんじゃないかと思うほどです。

 

皆さんもこまめに水分を取り熱中症には気を付けてください。

 

そして、東進に来てしっかり勉強していきましょう!!

 

特訓を終えて

このお盆の8月10日から12日の3日間で、校舎ではお盆特訓と兼ねた、

 

数学集中特訓

 

が開催されていました。

  

この3日間朝から夕方までずーーと数学漬けの勉強を行っていきました。

 

数学が嫌いな人にとっては、とても憂鬱な特訓であったことは間違いないでしょう。

 

でも、この特訓に参加してみて皆さんどうだったでしょうか?

 

少なからず3日間終えた後では、何かしらの成長を感じれているのではないかと思います。

 

例えば、2次関数で平方完成を行うとき、2乗の項に係数がついていると計算できない人がこの特訓を終えてこの部分は難なくこなせるようになりましたとか、

図形と計量でcosとかsinとかが含まれている公式が今はぱっと出てきてスムーズに使えるようになったとかあるんじゃないでしょうか。

 

自分も高校生の時、高1から2年生の時はサッカー部の合宿に、高3年生の時は東進の夏合宿に参加したことがあります。

 

このどちらかの合宿も一日中サッカー漬けか一日中英語漬けの日々を送ったことがあります。

 

何かを一日中行うということは、同じ脳を使っていつもは疲れないような疲れが出てきたりして大変でありました。

  

でも、日常では感じられない疲れが自分たちに成長をもたらしてくれたと思っています。

 

精神論でしかなく、ほんとに学力的にかなり成長できたかは分かりませんが前より1周りも2周りも成長して帰ってきた覚えがあります!!

  

なので、今回の数学集中特訓に参加して無駄だったとは決してならないはずです。

  

この特訓に参加して数学をしっかり勉強したこの経験が必ず次に生きるものになってくると思います。

  

あと、この特訓を終えて大事なのは、やっただけにしないということです。

  

特訓でやりきれなかった問題を終わらせるとか、また浮き彫りになった苦手な分野の演習を行うといったことをすることです。

 

この特訓からの成長を1段階とするか2~3段階とするかは終えた後の取り組み次第です。

  

まだ夏休みも残っていますので、特訓でやり残したことをやって数学力が飛躍する夏にしていきましょう!!

 

3+