東進の冬期特別招待講習

新型コロナウイルスに負けない生活を!

こんにちは!担任助手の三澄です。

           

 新型コロナウイルスはいつになったら少しは大人しくなるのでしょうか。ようやく新学期に入ったのに、緊急事態宣言が全国に拡大されたことで、再び休校になってしまい、不安な日々が続きますね。皆さんはどのような毎日を過ごしていますか?

        

 全国的に新型コロナウイルス感染者は日に日に増加し、ついに今日1万人を突破してしまいました。熊本では37人と他県に比べて少ないですが、徐々に増加しています。いつになったら収束するのか見当もつきませんよね。

        

 大学の授業はZoomを使って、もうすぐはじまります。私は熊本大学で看護を専攻していますが、今の状況が続き、もし病院実習にいけなくなってしまうと、進級・卒業ってどうなるんだろうと毎日ヒヤヒヤしています…

        

東進の講座を学校の予習にする

休校期間が延びたことで、学校の授業は遅れてしまい、単元によってはさら~っと進んでしまうということもあるかもしれませんね。学校では、本当は授業で学ぶはずだった新しい単元を、自分で、教科書で勉強しないといけなくなったという話も聞いています。

          

こういうときに東進の講座を学校の授業より先に受講すると、より修得しやすいです!  私も高校1年生から、まず東進の講座で理解し、学校の授業を復習として受けていました。そうすることで受講で理解し、演習や確認テストを通して知識を固めて、学校の授業で自分の知識の再確認をすることが出来ました。このサイクルを高校1年生で作っておいたことが、受験勉強を早くから取り組めたことにつながったと思っています。
きちんと受講し確認テストや演習のサイクルが作れている人は、今回の休校により、学校の授業では習わない単元でも、しっかりと学習が進められていることでしょう。

世間が新型コロナウイルスで大変です。ただ、少し厳しい言い方をすれば、勉強が進められない理由にはならず、受験勉強とは、大学入試とは関係ありません。


本気で合格したい人は、今も必死に勉強しています。

 

休校中だからといって、だらだらしていると学校が始まって、ハッと気付いたときにはもう夏になってしまいますよ。手洗い、うがい、マスク、手指消毒を欠かさず、コロナに負けず、こういうときにも時間を有効に使って、後悔しない高校生活を送ってくださいね!

14+
東進の冬期特別招待講習