周りの人に感謝

こんにちは!担任助手の前田です。

いよいよ共通テスト本番まで、50日を切ります。高校1、2年生は共通テスト同日体験模試まで残り50日ほどです。受験本番まで、2年生はあと1年、1年生はあと2年となりますね。時が進むのはあっという間です。

 

今年度の共通テスト本番1日目の1月14日、なんと私もTOEICの試験です。このTOEICである基準を超えなければ、ここまで頑張ってきているのに、教職を諦めなければならなくなるので、頑張っています(

東進にいる生徒が頑張っているので、私も頑張らなきゃといつも鼓舞できています。残り約50日、一緒に頑張りましょう!!私もみなさんに負けないくらい頑張ります!🔥

周りの人の支え

みなさんは今、誰かに感謝して過ごしていますか?私は高校生のとき、正直なところ、感謝して過ごせていなかったと思います。毎日ご飯を作ってもらったり、塾の送り迎えをしてくれたり、子どもだから当たり前だと思っていました。これらは当たり前のように捉えがちですが、周りの人に何気なく支えてもらっているはずです。特に家族

 

普段、たくさん支えてもらっているみなさん。もし、それがなくなったらどうなりますか。ご飯を作ってくれる人がいなくなったら?洗濯してくれる人がいなくなったら?学校に通うことで精一杯になったら?

 

とても受験どころではないはずです!!どれだけ家族や周りの人に支えられているのか分かります。家族の支えって大きいんです。

 

私が受験生で苦しい毎日を過ごしていたとき、ある時母から声をかけられました。「ななこがいつも勉強頑張っているから、お母さんもきつくても仕事頑張れてるんだよ。ありがとうね。」と言われました。

これを言われたとき、

絶対にありがとうと伝えるべき立場は私だ

と感じました。毎日弁当を作ってくれて、塾の送り迎えをしてくれて、たくさんお金を払ってまで勉強させてくれて、、、。受験ができるのも、支えてくれている家族がいるからなんだと気づきました。

 

そこからの毎日は応援して支えてもらっているから頑張んなきゃとより一層頑張れました。家族に合格を伝えたいからという理由で勉強に励んでいました。

 

周りの多くの人の支えがあっての受験です。みなさんの周りで応援してくれている人を考え、思い出してください!みなさんが頑張れる原動力になるはずです。

応援してくれている人をプレッシャーに感じるのではなく、原動力へと変えていきましょう!!

 

残り共通テストまで少なくなってきましたが、最後までやり切りましょう!

11+