東進の冬期特別招待講習

夏休み短期決戦

夏休み…?

梅雨も明けてついに8月になり本格的に夏開始ですね!
例年ならとっくに夏休みなのですが…

今年は夏休みが短すぎる!!!

新型コロナウイルスの影響で休校が始まっていた4月から分かってはいたと思いますが
やっぱり夏休みと言うには休みが全然ありませんね

受験生の夏

『夏は受験の天王山』なんていう言葉がありますが
理由の1つに自分の勉強に時間が取れることがあげられます
今までの授業や模試などを経て,演習・復習をしたい科目が溜まりに溜まっているはず
その演習や復習に大きな時間を割ける最後の時期が夏休みなのです
夏休みが短いということは自分の勉強に割ける時間が短いということですね
受験生の皆さん,どういう勉強をしていきますか??

自分の夏休みを分析しよう

東進玉名寺畑校にはたくさんの玉名高校の生徒が通っていますが
玉名高校の夏休みも8月8日から8月24日までの16日間しかないそうです
その中で課外は4日間,一部の人に聞いた話だと課題はそこまで多くはないとか
さらに仮に模試が2日あるとすれば

使える時間は10日!

とても短い!例年に比べたら半分以下になっているのが分かります
しかし,この10日間という短期決戦をどう戦うかで
他の受験生と大きな大きな差がつけられるはずです!

短期決戦の攻略法

さて,他の受験生に差をつける側の勉強ができるかはどう過ごすかが重要です
この短い夏休みの日々をその日その日の考えでなんとなく勉強をしていると
差をつけられる側になってしまいます

計画を立てる!

東進の教室ではしつこく『計画を立てよう!』と話しています


1. 足りていない部分を書き出す
2. それを補うために必要な勉強を考える
3. 必要な時間を計算する
4. どの日のどの時間に何をやるかをスケジューリングする

こうやって,あやふやな時間をなくしていきましょう
毎日勉強を始める時に「今日はなにしようかな〜」ではなく
「今日はこれとこれをやる予定だ!」と勉強を始める夏休みにしてください

24+
東進の冬期特別招待講習