東進の新年度特別招待講習

日々奮闘

新年あけましておめでとうございます!

昨年は新型コロナウイルスに振り回され、もどかしさを感じる一年でした。

今年はたくさんの人と触れあえる年になってほしいと願うばかりです。

2021年もよろしくお願いします。

いきものがかり水野さんの言葉

最近ネット上で水野さんのブログを見つけました。そのブログが本当に素敵だったので、紹介したいと思います。

  

いきものがかりの作詞・作曲を担当しリーダーである水野良樹さんは、都内の私立大学に通いながら仮面浪人をし、一橋大学に合格しています。

好きで始めた野球やバンドの活動も中途半端な形で終わらせてきた自分が許せず、現役時代に不合格だった一橋大学を初志貫徹の思いで再度受験したそうです。

仮面浪人中の1年間はとてもとても過酷な日々。

早朝4時から9時までアルバイトし、大学の授業には2限から出席。授業が終わると予備校に通うという毎日で多忙を極めていました。

もうダメかもしれない

と気持ちが折れかけたこともあったようです。

受験生の皆さんも、一度や二度思ったことがあるのではないでしょうか。

 

そんな水野さんはブログの中でこう綴っています。

何百、何千時間も自分の目標に費やしてきて

それは自分の満足のいくレベルや質ものものではないけれども、

自分がゼロから、多少なりとも進んできたことはたしか

合格という結果に結びつくかは、まだわからないけど、

今まで頑張ってきたことは、たとえ少しずつだったとしても

自分の中にちゃんと蓄積されていて、無駄にはならない

引用:よっちゃんの受験生活〜後編〜 : Excite Music連載ブログ:いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」

本当にその通りだと私も思います。私も周りの友人たちは6月頃には部活を引退し、受験勉強に専念し始める中、高校3年生の10月までサッカーを続けながらの勉強は、ある意味孤独との闘いでした。

苦しみながら、不安に駆られながら、それでも最後は頑張ってきた自分を信じて何とか乗り切ることができました。

 

共通テストまで2週間をきっています。

もう少しだけ踏ん張って、前を向いて走り続けましょう。

頑張れ!受験生!

11+
東進の新年度特別招待講習