東進の新年度特別招待講習

個別学力検査

こんにちは!担任助手の田成です!

 

緊急事態宣言が各地域に出されて、一定期間たち少しずつではありますが、感染者が減少してきているようです。

 

熊本県でも、先日1か月ぶりで感染者が20人下回ったようです。

 

先に明るい兆しが見えてきていますが、これからも感染対策を怠ることなく日々を過ごしていきましょう!

2次試験について

先日から、国公立大学の出願受付が始まりました。

  

だんだんと国公立大学の二次試験が近づいて来ていますね。

 

そこで今日は、1、2年生に向けて2次試験について説明したいと思います。

 

ここでみなさん、2次試験のことを他になんていうのかを知ってますか?

 

個別学力検査って言うんです。

 

個別学力検査というくらいなので、各大学で出題される問題の内容も違いますし、その試験で課されている各科目の配点もほんとそれぞれ違います。

 

ここで、同じ九州内の大学である、熊本大学と九州大学の法学部でどう違うのかを比較してみたいと思います。

 

熊本大学は、国語と英語の2科目の400満点の試験が課されます。

 

九州大学は、国語と英語、それに数学(ⅠAⅡB)の3科目の600満点の試験が課されます。

以前より数学の2次試験も増えてきているし、問題も大学ごとに全く違うので、ほんとに各大学の特徴が表されている試験であると分かります。

 

共通テストでの配点も各大学によって変わってきますので、共通テストでの大切な科目と二次試験での大切な科目が違うこともあります。

 

各大学で様々な特徴を持つ試験ですので、自分の行きたい大学がどんな特徴を持つのかを理解しておくことは、とても大切なことです。

 

受験生へ

共通テストの点数がうまくいって思うように出願ができる人もいれば、うまくいかずに仕方なく出願先を変更して出願している人がいるなど、様々な状況の人がいることだと思います。 

 

様々な状況であり精神的にも大変だと思いますが、2次試験に向けて切り替えて頑張っていってください。 

 

私立大学の受験対策も必要で、時間が意外とない人も多いと思うけど、自分の大学受験の優先順位をしっかりと決めて、やるべき対策、科目、内容を把握し、一つずつ頑張っていってください!!

9+
東進の新年度特別招待講習